住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

カテゴリー:気ままにコラム

  • 20/09/28
  • カテゴリー:気ままにコラム

インテリアコーディネーター資格試験

 10月11日にインテリアコーディネーター資格試験があります。
 
 自分が受験したときの話ですが、インテリアデザイン事務所に勤めていた25歳当時、どうしてもインテリアコーディネーター資格を取得したくて猛勉強しました。今は受験資格の年齢制限はありませんが、その頃は25歳以上という決まりがあったため、その年齢でした。
 
 実務で覚えている事はすんなり頭に入るのですが、歴史やインテリア様式、椅子の作者など、普段馴染みが無いところは理屈が分からずとても苦労しました。解らないところがあっても、あきらめずに取り組みました。
 
 一次試験当日はとても緊張しましたが、二次試験の図面と論文は、普段から描き慣れている図面と、高校生時代、国語だけが得意だったこともあり、一次試験より難しさは感じませんでした。
 
 合格通知、嬉しかったなぁ。
   今年受験される方、勉強の進捗状況はいかがですか。
 
 勉強の時間が足りないとか、わからない箇所があるとか、不安はみんな一緒だと思います。
 
 日々の忙しさの中、時間を作り少しずつ勉強してきた成果は必ず出ると信じて取り組みましょうね。
 
 皆さんの努力が実を結ぶことを願っています。

  • 20/08/31
  • カテゴリー:気ままにコラム

理想を求めて

 「新築とリフォームだと、どっちが多いですか?」たまにそんな質問をされることがある。
 
 数は問題ではなく、要は中身だ。
 
 施主さまの要望があり、それを更に良くする、例えるなら、使いやすさや居心地の良さ、機能性、デザインを提案し、意見交換し、お互いの認識をすり合わせていく。その過程が好きだ。
 
 経験として、すり合わせと互いの認識不足で、いざ着工してみたら、施主さまの思いと違っていたこともある。後の祭りであり、工事中は重たい空気が流れ、最後まで上手く進まなくなるのだ。
 
 施主さまの要望を踏まえながら、付加提案は誤解の無いよう、わかりやすい図面と言葉で伝えるよう心掛けているが、それを受け入れて頂けたときは、お互いの想いが同じ方向に進んでいる実感が持て、嬉しくなる。
 
 冒頭の質問の答えだが、リフォームのほうが多い。
 
 リフォームが多い人に新築を任せるのが不安なのだろう。安心できる業者さんが大勢いらっしゃる。どうぞそちらへ。
 
 会社規模が小さく、できる仕事量は決まってくる。だからこそ、一軒ずつ時間を掛けて計画するのだ・・・お待たせしている方、ごめんなさい。
 
 以前のコラム?住宅特集の記事?定かではないが、「創らせて頂いた家を外から眺めると、誰もがあたたかさを感じる家を創りたい。」と、クサい台詞を書いたことがあるが、今も、それが理想だ。
 
 理想を励みに、日々進むのだ。

  • 20/07/31
  • カテゴリー:気ままにコラム

1学期、頑張りましたね!

 朝、制服を着た学生の姿を見かけます。休校になっていた分延長しているからですね。本来ならもう夏休みですが、返上して可哀そうとも思うし、仕方ないよね。頑張れ!とも思います。
 
 富山クリエイティブ専門学校も延長していました。今週が一学期最後の授業でした。
 
 僕の授業では、学期内にふたつの課題に取り組み、インテリアの図面とコーディネートプランをボードにまとめて、クラスで発表することをそれぞれの課題ごとに計2回行う。という内容です。
 
 緊急事態宣言が出て、休校を挟んだから仕方ないと思いますが、ひとつめの課題は、正直、評価で突っ込みどころ満載な、ボチボチな仕上がりでした。・・・みんな、怒らないでください。
 
 その評価を踏まえてか、又は本気を出したのか、ふたつ目の課題は見違える仕上がりになりました。個人の力量の差はありますが、図面とパースを全て手描きにして柔らかい雰囲気に仕上げる人、構造を計画に盛り込み説得力ある作品に仕上げる人、施工図を絡めて詳細を説明する人、全員個性溢れる良い作品になりました。きっと本気を出したからに違いない。。。ですよね?
 
 休校を挟み、換気のため窓を開け、マスクを着用しながら授業を受け、苦しい中でも何かを達成させる経験は、きっと皆さんの今後に活かされると信じています。
 
 まだまだ今の状態が続きそうですが、二学期も負けずに頑張りましょう。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.