住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

カテゴリー:気ままにコラム

  • 19/11/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

ボロ家と家族の幸せ

 子供の頃住んでいた家は、お世辞にも素敵とは言えない家だった。
 
 住み始めたときですでに築30年は経過していたと思う。
 
 夏は暑く冬は涼しく、浴槽に水を張ってボイラーで沸かす風呂(シャワーは無く、浴槽のお湯を汲んで体を洗うのだ!)、父が見よう見マネで貼ったトイレのタイルはデコボコだし、キッチンと呼ぶには程遠い狭い台所の3Kだ。
 
 記憶を手繰り寄せて間取り図を描いてみた。
 
 ひとりっ子の僕のためにプレハブの勉強?部屋を建ててもらったが、6帖と8帖の2部屋で生活の全てを賄っていた。小学校低学年までは、親子3人ひと部屋で寝起きしていた。
 
 寒い冬は、家族でこたつに入り、テレビを観ながら晩ごはんを食べ、その後も親子でずっと一緒に居た。狭いからこそ、親子の会話が多かったと思う。
 
 父は随分前に鬼籍に入り、母は体調が芳しくないから最近よく思い出す。記憶が曖昧だが、幸せだったと思う。
 
 
 家族の幸せは、住む場所や家の大きさとは関係無いのだ。
 
 家を建てたから幸せになれるのではなく、より幸せを育むために家を建てるのだ。
 
 そこをしっかり見極めて、じっくりと家創りに取り組んで欲しい。
 
 ・・・と、家創りをしている人っぽいことを言ってみた。

  • 19/10/29
  • カテゴリー:気ままにコラム

マイホーム実現の第一歩

 家を建てたい、買いたいと思い立ったとき、なにが一番大切でしょうか。
 
 価格?間取り?デザイン?土地を買うなら坪単価?どれも外せない重要な要素ですが、真っ先に考えなければいけないことが、「自分はいくらまで借りられるの?」です。
 
 お財布の中身がわからなければ、スーパーでいくらまでお買い物をできるのかわかりませんよね。極端ですが、それと同じです。
 
 お財布の中身を知る目安として、「年間返済額が、年収の25%未満」という基準があります。住宅ローンには審査があり、金融機関により変動はありますが、そのパーセンテージで判断します。25%の中には、現在持っているマイカーローンや教育ローンなども含まれてきます。
 
 例を挙げると、年収400万円の場合、400万円×25%=100万円です。
 
 住宅ローンは、最長35年返済が可能ですので、100万円×35年=3.500万円となります。
 
 月返済額は、100万円÷12ヶ月=約¥83.400ですが、金利(1.9%で計算)を合わせると¥114.153になってしまいます。(計算方法は割愛しています。)毎月の返済負担を検討すれば、もっと抑える必要がありそうですね。
 
 では、どうすればお財布の中身が把握できるでしょう。
 
 銀行で、住宅ローンの「事前審査」または「予備審査」を利用しましょう。窓口で、「事前審査をお願いします。」と言えば、書類と添付する書類を説明してくれますので、記入し、添付書類といっしょに提出すれば、後日返答が来ます。ローンプラザであれば、土日も営業しているので使いやすいですよね。
 
 総予算が分かって初めて、どんな土地が良いのか?間取りやデザインや面積は?という順序になります。新築!と思っていたけど、無理せず、リフォーム済みの中古物件を考慮する。という選択肢も見えてきます。
 
 掛けられる予算を把握し、安心してマイホーム取得に向かって進みましょうね。

  • 19/08/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

応用力

 木造住宅の是非は、大工さんの技量で左右されます。特にリフォームの場合は顕著です。
 
 新築は、工場で加工した材料を現場で組み立てるプレカットが主流です。何棟も建てて慣れている大工さんなら、お任せしておけばスイスイ進みます。
 
 しかし、新築しか施工したことがない大工さんにリフォームを依頼すると捗らない場合があります。
 
 一から作る新築は、予め決まった材料を決められた手順で組立てるので、完成形を想定できる仕事になります。
 
 しかしリフォームは、今あるものを壊してキレイに作り替えるので、想定し難くなります。見えない水廻りの床を剥がすと腐っていたり、新築当時の手抜きで、決まったピッチで下地が入っていなかったりが、それです。
 
 想定外の場合は、最終的には設計者である僕が判断しますが、必ず大工さんの意見を聞きます。肝心なのが大工さんの経験と知識です。リフォーム経験が少ない方は、意見を求めても返ってきません。どうすれば良いかわからないからです。
 
 経験豊富な方は、僕が思うより頑丈に直す方法を知っていたりします。仕上がりを頭の中で描き、施工経験を応用するチカラがあるからです。任せて安心ですし、施主さまも安心です。 
 
 大工さんに限らず、設計や現場管理もそうですが、どんな仕事でも、知識と経験を活かし臨機応変に対応できる応用力が大切ですよね。
 それを忘れずに頑張りましょう。

2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.