住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

カテゴリー:気ままにコラム

  • 19/12/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

省エネ法の改正について、ザックリと書いてみた!

 「建築物省エネ法」の完全施行が先送りになった。
 
 中小工務店や設計事務所の省エネ基準習熟度が約50%と、浸透していなかったことが原因だ。研修会や勉強会を通して、少しずつ浸透させる期間が必要なのだ。
 
 そんなに難しいんなら改正しなくてもいいじゃん!という声が上がりそうだが、では、そもそも何のために省エネ法を改正するのだろうか。
 
 詳細は省いてザックリ言うと、冷暖房の負荷を少なくして地球温暖化をみんなで防ごうよ!と、世界的に決めて、日本はここまで下げますよ!と宣言したのだ。ホントにザックリで申し訳ないです。。。
 
 冷暖房の負荷を下げるには、冷暖房機を少ししか動かさなくても夏は涼しく冬暖かい家にする必要がある。今まで以上にしっかり家の断熱をして省エネしましょう。ということだ。
 
 「なんとなく、あったかいね~。」というアバウトではいけないので、断熱性能を数値化して、達成しているか否かを判断するのだ。断熱性能を計算するのだが、その計算が浸透していなかったのだ。
 
 完全施行まではどうなるの?
 
 ‥と、次の疑問が生まれるが、断熱性能の高低はどちらでも選べることになる。
 
 性能が高い家は、建てるときのコストは上がる。低ければ予算を抑えられる。施主さまがどちらでも選べるのだが、ただ、我々建築士から施主さまに、省エネ基準に適合は否かの報告が義務付けられている。基準を満たしていない家は、「省エネ基準に不適合ながデス。」と書面で報告するのだ。
 
 うん、ビミョーだ。
 
 できれば、「適合してますよ!」と、カッコよく報告したいものだが、あくまでも選ぶのは施主さまだ。
 
 「選べと言われてもわかりません!」という方のために、良い例えがあるので引用させてもらう。
 
 新車を買うとすれば、普通のクルマと低燃費のクルマ、どっちを選びますか?ガソリン代を考えると、少し値段が張っても、これからの時代、低燃費のクルマを選びませんか?ガソリン代を抑えるか、ガソリン代がかかっても普通のクルマを選びますか?
 
 少しはわかりやすかっただろうか。。。
 
 おおまかな説明になったが、専門用語は端折って、なるべく、わかりやすさに徹したつもりだ。
 
 「なんとな~くわかったような気がする。」と思って頂けたら幸いです。
   皆さま、良いお年をお迎え下さい。

  • 19/11/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

ボロ家と家族の幸せ

 子供の頃住んでいた家は、お世辞にも素敵とは言えない家だった。
 
 住み始めたときですでに築30年は経過していたと思う。
 
 夏は暑く冬は涼しく、浴槽に水を張ってボイラーで沸かす風呂(シャワーは無く、浴槽のお湯を汲んで体を洗うのだ!)、父が見よう見マネで貼ったトイレのタイルはデコボコだし、キッチンと呼ぶには程遠い狭い台所の3Kだ。
 
 記憶を手繰り寄せて間取り図を描いてみた。
 
 ひとりっ子の僕のためにプレハブの勉強?部屋を建ててもらったが、6帖と8帖の2部屋で生活の全てを賄っていた。小学校低学年までは、親子3人ひと部屋で寝起きしていた。
 
 寒い冬は、家族でこたつに入り、テレビを観ながら晩ごはんを食べ、その後も親子でずっと一緒に居た。狭いからこそ、親子の会話が多かったと思う。
 
 父は随分前に鬼籍に入り、母は体調が芳しくないから最近よく思い出す。記憶が曖昧だが、幸せだったと思う。
 
 
 家族の幸せは、住む場所や家の大きさとは関係無いのだ。
 
 家を建てたから幸せになれるのではなく、より幸せを育むために家を建てるのだ。
 
 そこをしっかり見極めて、じっくりと家創りに取り組んで欲しい。
 
 ・・・と、家創りをしている人っぽいことを言ってみた。

  • 19/10/29
  • カテゴリー:気ままにコラム

マイホーム実現の第一歩

 家を建てたい、買いたいと思い立ったとき、なにが一番大切でしょうか。
 
 価格?間取り?デザイン?土地を買うなら坪単価?どれも外せない重要な要素ですが、真っ先に考えなければいけないことが、「自分はいくらまで借りられるの?」です。
 
 お財布の中身がわからなければ、スーパーでいくらまでお買い物をできるのかわかりませんよね。極端ですが、それと同じです。
 
 お財布の中身を知る目安として、「年間返済額が、年収の25%未満」という基準があります。住宅ローンには審査があり、金融機関により変動はありますが、そのパーセンテージで判断します。25%の中には、現在持っているマイカーローンや教育ローンなども含まれてきます。
 
 例を挙げると、年収400万円の場合、400万円×25%=100万円です。
 
 住宅ローンは、最長35年返済が可能ですので、100万円×35年=3.500万円となります。
 
 月返済額は、100万円÷12ヶ月=約¥83.400ですが、金利(1.9%で計算)を合わせると¥114.153になってしまいます。(計算方法は割愛しています。)毎月の返済負担を検討すれば、もっと抑える必要がありそうですね。
 
 では、どうすればお財布の中身が把握できるでしょう。
 
 銀行で、住宅ローンの「事前審査」または「予備審査」を利用しましょう。窓口で、「事前審査をお願いします。」と言えば、書類と添付する書類を説明してくれますので、記入し、添付書類といっしょに提出すれば、後日返答が来ます。ローンプラザであれば、土日も営業しているので使いやすいですよね。
 
 総予算が分かって初めて、どんな土地が良いのか?間取りやデザインや面積は?という順序になります。新築!と思っていたけど、無理せず、リフォーム済みの中古物件を考慮する。という選択肢も見えてきます。
 
 掛けられる予算を把握し、安心してマイホーム取得に向かって進みましょうね。

2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.