住宅・店舗・設計施工 有限会社空間工房

空間工房ダイアリー

カテゴリー:気ままにコラム

  • 21/11/30
  • カテゴリー:気ままにコラム

平屋住宅のメリットとデメリット

 平屋建て住宅が増えています。
 
 メリットデメリットを解説します。考えていらっしゃる方の参考になればうれしいです。  メリット
 
1)丈夫な構造にできるので、広い間取りが可能
 
 2階建ての場合、1階にその重量が掛かります。地震に丈夫な家にするには1階の要所に柱が必要になりますが、それを省きがらも丈夫な構造を実現でき、広い間取りが可能なります。
 
2)家族のコミュニケーションが取りやすい
 
 LDKを中心として子供部屋や主寝室へ出入りする間取りになるので、いつも家族が一緒に過ごせ、コミュニケーションが取りやすくなります。
 
3)階段無くバリアフリー
 
 誰もそうなりたいわけではありませんが、万が一足腰が弱くなっても、階段の昇り降りが無いので安心です。
 
 
 デメリット
 
4)広い敷地が必要
 
 家族が増えれば面積も増えます。2階建ては上が個室なりますが、平屋建ては全てを1階に設けるので、それだけ広い面積になります。駐車場も必要ですので、敷地が広くないと難しくなります。
 
5)坪単価が増える
 
 2階建てと比べ、外壁、屋根の面積が増えるので、コストは増えます。
 
6)プライバシーを確保しづらい
 
 2)のコミュニケーションが取りやすい反面、個室に居てもLDKにいる人の気配を感じるので、ひとりゆっくり過ごしたい人には難ありかもしれません。
 
 
 これらをまとめると、総予算を抑え、土地から購入したい方へはおススメできません。広い敷地と建築コストが増えるからです。土地をお持ちで、子供達が独立し、これから夫婦ふたりでのんびりと過ごしたい方におススメです。
 
 メリットとデメリットを家族構成、住宅資金と照らし合わせ、あなたにピッタリの住まいになりますように。

  • 21/10/29
  • カテゴリー:気ままにコラム

幸せを育む

 「家づくりは幸せ作り」ではありません。
 なぜなら家を建てたことによる幸福感は長続きしないからです。
 
 
 これは、高級外車を買った。ブランド品のバッグを買った。他の人より高い地位に立った。他の人よりたくさん稼いだ。などと同じで、「地位財」といい、それらで得られた幸福感は長続きしないのです。それとおんなじです。
 
 自分のより高い車、新しいバッグ、高い地位の人がいた、稼いでいる人を見るともっと欲しくなるからで、常に自分を人と比べているので、すぐに心が満たされなくなります。
 
 マイホームも然りです。他の人よりいい家を建てたと思い幸せを感じていても、近所にもっと立派な家が建つとうらやましくなり、幸福感が薄れてしまうのです。
 
 
 相対するものに「非地位財」があります。何事にもやり甲斐を持ち前向きに進む、縛られることなく自分らしく生きる、愛を育む、など、心の充足を実現することで幸せを感じます。他の人と比べての優劣は気にしないので、それで得られる幸福感は長続きするのです。
 
 マイホームではどうでしょう。憧れだった家を建てて家族と一緒に暮らす中で、ちょっとしたうれしさを感じる日々があれば幸せを感じます。辛いことがあっても、自分らしく、前向きに考え乗り越えていく。その積み重ねで長く幸せを感じられるのです。
 
 家を建てて、住む人の心持ちひとつで幸せを感じられるかどうかが違うとすれば、長く幸せを感じられるほうがいいに決まっていますよね。
 
 家づくりは、幸せ作りではなく、「幸せを育む場所作り」なのです。そう信じています。
 
 あなたがいつも幸せでありますように。

  • 21/09/29
  • カテゴリー:気ままにコラム

インテリアコーディネーターになりたい人たちへ

 10月10日は、インテリアコーディネーターの一次試験が行われます。
 
 受験される皆さん、勉強は順調ですか。
 
 仕事をしながら、また、学校の勉強をしながら、少ない時間を調整して勉強するのは大変だったことでしょう。
 
 インテリアコーディネーター資格試験の受験者数は、毎年全国でおおよそ8.000人、一次試験合格率は、34%ほどですが、8.000人中6割ぐらいはなんとなく勉強してなんとなく受験した人たちで、もちろん合格する訳がありません。8.000人中6割の4.800人を除外し、努力してきた3.200人で計算した合格率は85%になります。
 
 一生懸命勉強に取り組んできた人にはパーセンテージの話は無用かもしれませんが、それだけ、努力した分、結果に繋がると思ってくださいね。
 
 インテリアコーディネーターになったら、どんな自分になりたいですか。そして、どんな仕事をしたいですか。
 
 なりたい自分の目標を思い描きながら、試験までの残りの日を有意義に使ってください。
 
 健闘を祈っています。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件

Copyright(c) 2003. Kukan kobo .inc. All Rights Reserved.